読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✳︎ライカのふっかつのじゅもん✳︎

✳︎ぼうけんのLogです✳︎

テンとわたしとエデンの戦士たち

叔父の影響で ドラクエは『1』から世代。当時はセーブの存在は無く、

ゲームの続きをやるには王様からのお言葉。パスワードだよね。それが

ふっかつのじゅもん』。ノートに書き写していた頃が懐かしいです。

 

ブログタイトルはそこから頂きました。

今日はドラクエ10を始めたキッカケのお話。

 

 

時を遡ること数年。わたしは地元を離れ一人暮し。学生でした。

都会に憧れるも、わたしの脳の不具合により地方のがっこへ。何もない。やることは

がっこ行って、カラオケやアルバイト、飲み会・・・ぐらいでした。

(今では第2の故郷として大好きプレイス❤︎)

 

そんな中、発売されたドラクエ7。石板を集め新たなる世界へ冒険するストーリー。

この作品をね、毎日ってぐらい一緒にいた友達とやり込んだっけ。

カラオケも飲み会も行く回数も減った。その代わりに『7』を毎日狂ったようにやった。毎日友達と『7』の事で盛り上がってた。学食で。

あの時の思い出は私にとっての宝物。

 

時は経ち、卒業。

みんなバラバラ。携帯やメールの恩恵を受け、その後も連絡を取り合っていた。

ただそれだけ。あの時とは違うのは当然。

10が発売されてもオンラインになったドラクエに違和感を感じて出来なかった。

勇者がいっぱい居るの?知らない人と冒険!?小さなメダルがいっぱいある??

 

早い話が、当時『7』をやり込んでた友達1人が10をやり始め、

チャットが出来る、ptも組める!場所は違えど、当時と近い感じで皆んなで遊べるよって声だった。

お宝時代に依存してた私は即買い。もう一人にも同じく声をかけ、今では3人で同じ時間を共有し、協力しあったり当時なかったシステムに感動。

 

音声通信機能は備わってないにしてもチャットで十分。

言葉ひとつとっても性格が出ていて懐かしく、画面の中の出来事なのに、会って話してる感覚にすらなる。リア友だからこそですが。

 

毎日が本当に楽しいです。誘ってくれた友には感謝です。

おわり。

 

 

広告を非表示にする