読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✳︎ライカのふっかつのじゅもん✳︎

✳︎ぼうけんのLogです✳︎

【ボス巡りの時間】

数日前、Twitterの方にお誘いがありました。
日時は日曜日の21時過ぎ。
昨晩のこと。

 

「そうだ!ボスへ行こう!」
限られた文字数の中にはこのフレーズはなかったけど、
わたしの勝手な想像。これが言いたかったのかな?と。

前回もお誘いがあったのにも関わらず、
いつの間にか夢の世界へ旅立ってたわたし。
今回は大丈夫そう。
集合までまだ時間があった。
少し横になったらいいじゃん!と、聞こえるはずもない悪魔からの
甘い誘惑に負け、うつらうつら・・・
こんな時に限って最高の睡眠へ。
しかしながら、昨晩はギリ起きれた。セフ。危なかった!
あまり続くと誘いすら無くなってしまうと思い頭を激しく振って喚起すると
時計の針は集合の時間を指し示していた。

慌ててログイン。
「こんばんわ〜^^」

僧侶しか出来ない。前衛職はどれも中途半端なわたし。
職の相談もないところは長年のお付き合い?かなw
Sキラーマシン、Sジェネ、ガルドリオン、ジュノーガ。
途中、事故に見舞われたのは私の睡魔のせい。
目は開いている、けれど視界に入る画面はぐらぐら><
旅の扉で移動する時のようなグラつきが続く。

現物もそこそこ出て、いつもなら直ヴェリなんですが、
わたしの思考回路は遮断され、夢の世界へと。いえ、こたつの中でした。
「そうだ!ベッドに行こう!」
とはならいないのは何故だろう?と考えもないまま朝を迎えるのであった。

f:id:leicadqx:20170313103122j:plain

めでたし!

追伸
殿が「ついてく」を拒否してる!
いや、ついてこられるのを拒否してるんだなw
細かいところに性格が現れるシステム。面白いですね^^
睡魔にやられてなきゃチャットの嵐だったぞ、
命拾いしたなっw

 


ポチっとよろしくデス♪

 

 

 

 

広告を非表示にする