✳︎ライカのふっかつのじゅもん✳︎

✳︎ぼうけんのLogです✳︎

挑戦者たち

 

下に貼ったYouTubeを再生しながら
見てくれると嬉しいな
ひょっとして流しながらブログは閲覧できないかも。
やり方がわからない><


【カラオケ】地上の星/中島 みゆき

 

ドラゴンクエストX。聖護の結界。
アストルティアの名だたる強者たちが
その技術力をかけて挑む。戦いの幕あけ。

これは称号を得る為だけに燃えた
熱きライカと野良との物語だ。


 

時は2018年4月12日、最強のボスが公開された。
『聖守護者の闘戦記』
この日をどれだけ待ちわびたか。
自身に課した目標は次回バージョンアップ前に討伐し
称号を得るということ。成功のシンボル、称号。

初日、やってみると意外性が色濃く、唖然とした。
ワンパンによる壊滅、全滅への速さ。
イカは思った。
本当に勝てるのか。
その時だった・・・ある光景が浮かんだ。

f:id:leicadqx:20180620140145j:plain

f:id:leicadqx:20180620140215j:plain


今までだってそうだった。厳しければ厳しいほど
燃えてきた。やれる。
イカは自分自身を鼓舞させた。

 

このボス、日を追うごとに1→2→3強さがループする。
実装から初の3の日は不具合のため、
しばらく1、2、1、2の繰り返し。
運営側もある意味、挑戦者だ。
これはラッキーだ。しばらく練習できる。
そう考えたのだ。
しかしその考えは甘かった。
1ですら勝てないのだ。
八方塞がりの戦い。

壁を打ち破れないまま
バージョンアップになり、
自身の目標を達成できなかった。朽ちた。
野良での戦いも何戦もこなしては胸を・・・痛めた。
そして、2ヶ月が過ぎた6月の18日。
奇跡が起きたのだった。

レギルラッゾたちのレベルは3。
この日の野良は親切で応用力、判断力が半端ない。
1戦目の全滅までの流れは「いい」
しかし、このままでは勝てない。
悟った野良の1人から提案があがった。
役割分担をするという実にシンプルな提案だった。

いけるのか・・・
野良の提案を信じてみようと思った。
乗った。やってみよう!

緊張感が指先に。あふれる手あせ。
しかし、なぜだか心は静かだった。
かみあう歯車。自然と無駄が少なくなる。
リミット数分前2体とも名前の色が赤に変わった。
いける!事故さえ起こさなければ。
残り時間2分からが長かった・・・
スローモーションだ。死ぬのか・・・

そして、ついにその時がきた。
19分06秒39だった。
画面がまばゆい光と音と共に
戦いの終わりを告げた一瞬だった。

イカは勝利を噛み締め
その時の野良仲間と記念撮影した。

f:id:leicadqx:20180620140604p:plain




イカは言った。


ありがとう。と。


fin

 

 


ポチっとよろしくデス♪